次のブームは「熟成肉」

次のブームは「熟成肉」

2015年からお肉ブームが到来していますが、
2016年はお肉ブームがさらに進化し「熟成肉」がブームになりそうです。
熟成肉って何?と聞き慣れない言葉に戸惑う人もいるかもしれません。

 

そもそもお肉は新鮮なうちに食べるのが、もっとも美味しい食べ方です。
そのままの状態ではお肉は腐ってしまうため、
乾燥させたり、燻製にしたり、冷凍・冷蔵したりと様々な工夫をし、保存しています。
しかしどの保存方法でも、保存前と保存後を比べると味が落ちてしまいました。

 

ですがそんな常識を覆したのが、熟成肉なのです。
ワインやチーズが熟成させると味が濃厚になって美味しくなるように、
お肉も熟成させる事で新鮮な状態のお肉よりも
さらに美味しい状態で食べる事が出来るのです。
熟成肉は、ドライエイジングと、ウェットエイジング、
スノーエイジングと呼ばれる3つの方法があります。
これは熟成させる条件が異なるのですが、
お肉を寝かせてうまみ成分を増すという意味では、どの方法も同じです。

 

熟成肉なんて高級なレストランではないと食べられない、
そう思っている人もいるかもしれませんが、そんな事はありません。
熟成肉にこそ合うお酒がいろいろあり、料理に拘る居酒屋や、
トレンドを取り入れて集客効果を狙っている居酒屋ではすでに熟成肉の取り扱いがあります。
価格帯は通常のお肉よりは手をかけている分、
高めになりますが、2000円前後から食べれる居酒屋もあります。
是非トレンドの熟成肉を、あなたも食べてみませんか?
お肉の概念が大きく変わるかもしれませんよ。

 

 

次のブームは「熟成肉」関連ページ

立ち飲み屋の立地条件
立ち飲み屋の立地条件
立ち飲み屋の滞在時間は短い
立ち飲み屋の滞在時間は短い
凝ったものはいらない立ち飲み屋の料理
凝ったものはいらない立ち飲み屋の料理
珍しくない立ち飲み屋の女性客
珍しくない立ち飲み屋の女性客
立ち飲み屋に女性客が来る条件
立ち飲み屋に女性客が来る条件
2016年も引き続きバルスタイルが人気
2016年も引き続きバルスタイルが人気
クラフトビールの自家製造
クラフトビールの自家製造
行きつけのお店は地域ごとに把握しよう
行きつけのお店は地域ごとに把握しよう