店員さんを見極めよう

店員さんを見極めよう

さて、これまで良い居酒屋を見分けるためのコツ、そして、悪い居酒屋にあたらないために
注意することをお伝えしてきました。

 

先ほどご紹介したものの他に、いい居酒屋を見分けるコツはまだあります。
それは、「店員さん」、特に「社員」とよばれる人たちをみることです。

 

私の行きつけは浅草 居酒屋です。

 

一度でも飲食業会で働いたことがある方は、ご存知かとおもいますが、
居酒屋の労働力の大半は、バイトやパートから成り立っています。
このため、居酒屋はアルバイトやパートの確保に大忙しですし、
すこしでもいい人間を獲得しようと必死になります。

 

 

 

しかし、彼らは長くても2年ほどで店を去り、社会へとでていきますので、
店の品質には直接的には貢献しません。しかし、「社員」は違います。
前半の投稿で述べた通り、彼らは「店長」などの重要な役職についています。
彼らのサービスへの心遣い、こだわりが、直接、その店舗の品質につながってくるわけです。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。渋谷 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

私がおすすめするコツとは、この店長さんとの会話を通じて、人となりや
気配りの仕方をチェックすることです。もちろん、常連となってしまえば
店長さんとお話しする機会も増えますが、常連になる時点で、ある程度
その店を気に入っているため、判断は不要でしょう。
我々、一見さんが店長さんとお話しできる唯一のチャンスは、「予約時」です。

 

 

 

夜、店の営業が始まってしまった後なら、アルバイトが対応する可能性もありますので、
できれば社員しか出勤していないであろう時間帯である、昼過ぎの予約が
社員さんとお話できるチャンスです。

 

こちらの横浜 個室 居酒屋は友達にも好評です。

 

彼らが気の利いた対応をできていれば、おそらくサービスが行き渡るような
居心地のいい店になっているでしょう。しかし、彼らが全く気が利かないのであれば、
その店は多くの場合、よくない店です。