繁盛の種類に注意

繁盛の種類に注意

昔、居酒屋業界で生きる友人から「いい店は繁盛する」という言葉を
聞いたことがあります。当たり前だろ?と思いましたが、その繁盛をどうやって
得るかは、非常に難しい問題のようです。彼が呪文のように唱えていた理由も
わかるようになりました。

 

 

 

「繁盛している」という状態を見極めることは実は大変なのです。

 

ひとつの見極めが難しい場合は「話題性」で繁盛している場合です。
これは、単純には言えませんが、一過性のものです。なぜなら、話題性を作る材料は
様々にあるためです。

 

 

 

以前は、というより今もですが、やはり一番のメディアは「テレビ」で紹介された
場合でしょう。テレビの影響は少なからず大きく、これによって人気が急上昇することが
多々あります。この人気は一過性のものがおおく、注意が必要です。

 

次に、残念な現実ですが、通称、ステマとよばれている、偽の情報を流して
話題を作って人気を得ている場合があります。

 

ここの団欒はスタッフの雰囲気が良いので落ち着きます。

 

次に、難しいのは「新規立ち上げ」で繁盛している場合です。
これは、話題性と似ているのですが、新しい店、というだけで
不思議と客はやってきます。
チェーン展開をしている会社によっては、「新規立ち上げ」で店を開き、
(もちろん、決して看板居酒屋名は使いません)
あらかた稼ぎ終わった、話題性が去ったら、店をたたむという展開を
おこなっているグループがあっても不思議ではないくらいです。

 

私の行きつけは赤坂 居酒屋です。

 

さらに、最近では、「ソーシャルクーポン」というものまで登場してきました。
破格の割引率で商品を売り出して、客に前払いで料金を支払わせ、あとは
客に適当なサービスをする、という居酒屋形態です。

 

これらについて、後の投稿で説明していきましょう。