居酒屋の料理とお酒

居酒屋の料理とお酒

たまに「あっちの居酒屋よりもこっちの居酒屋のほうがおいしい」とか、「こっちの居酒屋よりもそっちの居酒屋のほうがいい」などという居酒屋に対する評価が熱心に語られることがありますが、まあ善し悪しに関してはあまりにも評価のファクターが多様であるため一概に言えない部分があるものの、しかし「おいしい」かどうかという評価の要素はたったひとつしか存在していないわけですから、居酒屋の数や味の好みはいろいろあっても、意外と評価は与えやすいと言えるのかもしれません。

 

天神でお勧めの居酒屋 個室ならコチラの大志ですね

 

ただし、居酒屋の「味」というのは何をもって評価することになるのかというと、これは当然「お料理の味」ということになるでしょう。なにしろ、お酒の味というのは、ブランドによって異なるのは当然ですが、同じブランドであればどうがんばったって同じ味にしかならないわけですから、お酒の味で評価を分けるということは基本的には考えにくいはずです。

 

赤坂でおすすめの居酒屋なら観世水

 

万一お酒の味の評価が大きく分かれるようなことがあったとすれば、それはお酒お品質に何らかの問題をきたしている可能性もあるわけですから、お酒のプロである居酒屋である以上、そんなことはほとんど考えられません
ですから、居酒屋の味の評価のファクターはお料理に集中されることになりますが、しかしお料理の種類が多いのが居酒屋の特徴であることを考えると、お料理の評価のファクターもいくつかにわかれることになるのかもしれません。たとえば、あのお店では「焼き物」には強いとか「煮物には弱い」とか、そういった評価です。

 

 

 

まあそこまでになると、評価する人間も大したものだと思いますが。