これからの居酒屋

これからの居酒屋

それでは、現在、そしてこれからの居酒屋とはどうなるのでしょうか。

 

 

 

まず、次にくるといわれているキーワード、バズワードは「エコ」です。
「エコ」とは、すなわち環境を愛すること。環境に優しいこと。
居酒屋がエコ?なんて思いますが、事実として、環境に優しいことを
掲げる居酒屋はこれから増えてくると目されています。

 

 

 

例えば、有機野菜。原発事故のあと、食品の安全に対する不安は、
原産国だけでなく、国内の原産地までうるさくなりました。
また、その製法も土壌の質が問われる時代です。

 

これら、環境への配慮を十分に行っているという「付加価値」を値段にのせても
顧客は「満足」して帰るらしいのです。

 

 

 

他に注目されている居酒屋は、アイリッシュパブです。有名なものではHUBがありますが、
確実に店舗数を増やしています。パブについては以前お話したとおり、もともと
西洋の文化(というかイギリス)です。アイリッシュパブでは、皆でワイワイ
飲むのではなく、酒を飲みたい人がふらっと入ってきて、その場にいる人たちと
親交を深めたりするのが目的です。

 

 

 

驚くべきことに、日本人のコミュニケーションの感覚が変わってきているとも言えます。
その背景にあるのは、「少子高齢化」と「晩婚化」です。実際、アイリッシュパブには
若い層の人間が出入りしています。そして、気軽に人と話せるパブは、いわゆる
出会いの場として有効であることに気づいた若者が増えてきました。

 

http://kichijoji-akari.com/

 

そして、現在はHUBだけでなく、他にもアイリッシュパブを営むチェーン店が
でてきています。今後はますます増えていくと思われますので、いまのうちに
楽しみ方を経験しておくとよいかもしれませんね。