最近の居酒屋スタイル

最近の居酒屋スタイル

最近の居酒屋は昔では考えられないような作りとなっています。
作りというのは、建物ではなくシステムのこと。

 

ちょっと変わったシステムの居酒屋もたまには良いかもしれませんね。

 

居酒屋と言えばお客さんが店員にお酒やおつまみなどを注文し、運ばれてきたら「乾杯!」のコールで宴会開始…が普通ですよね。
しかし東京の中野にある1軒の居酒屋では、店内に厨房スペースがありお客さん自らが調理をして宴会するというシステムになっています。

 

食材は冷蔵庫にあるものを使用し、後で清算する形になります。
ちなみ調味料は基本無料となっていて、ビールと焼酎も格安で飲む事ができます。

 

食材費だけで済むのでかなり低価格ですし、自分好みの味付けが出来るので仲間とワイワイ楽しめます。
また、東京秋葉原にある居酒屋では立ち飲みスタイルが人気となっています。

 

ただの立ち飲みであればあまり珍しくありませんが、この居酒屋の魅力はお酒もおつまみも全部100円だというところです。
考えとしては100円ショップという感じでリーズナブルですし、自分なりに清算しながら飲めるので予算内に収める事が出来ます。

 

居酒屋と言っても1つのスタイルだけでなく、いろんなスタイルがあるのでその日によって使い分けたり、自分好みのお店を見つけることも出来るはずです。
また神奈川の関内にはバイキング形式で楽しめる居酒屋もあり、15分375円で飲み放題食べ放題となっています。

 

この価格なら仕事帰りに1杯だけ飲んで帰ることも出来ますし、タバコ1箱分なのでかなりリーズナブルですね。