立ち飲み屋の立地条件

立ち飲み屋の立地条件

回転率が勝負の立ち飲み屋は立地条件が非常に大切になる。なぜなら人が入っての回転率であるから、なるべく多くの人に入ってもらわなければならないからである。客というものは、店が空いていると往々にして長居しがちになるが、込んでくると早々に引き上げていくものである。

 

八重洲 居酒屋 個室 美味門

 

ちょっと一杯と思い、軽い気持ちで入ってくる客が多い立ち飲み屋は、余計にそうした傾向が強い。それだけにそうした混みあった状態に持っていくには、やはり人通りの多い場所が一番だ。それに加えて通勤のサラリーマンが多ければ言うことはない。したがって間違っても人通りの少ない場末の商店街などを選ぶべきではない。

 

【立ち飲み屋に最適なのは駅前やまわりに娯楽施設のある場所】ちょっと一杯と気軽に入れるのが立ち飲み屋の良いところである。こういう持ち味を生かすには、あらかじめ予定してやってくる客だけでなく、一般の通行人を客として多く取り込むことである。別に予定はなかったのだが、目に付いたのでちょっと入ってみた、と言う具合である。

 

 

 

それに一人客のほうがいい。なぜなら二人以上の複数で入ってくる客は、ともすれば会話が多くなりその分滞在時間が長くなって、回転率にはマイナスになるからである。1人客をターゲットにするにはなんと言っても人通りが多い場所でなければ話にならない。

 

 

 

駅前なら言うことはないが、そうでなくても男性客が多そうなパチンコ店や馬券売り場など娯楽施設の近くなら絶好だろう。とにかく立ち飲み屋に大切なのは立地条件と回転率である。これを考えないで開店すると繁盛することはなく、あえなく撤退という憂き目を見ることになるだろう。