立ち飲み屋について

立ち飲み屋について記事一覧

回転率が勝負の立ち飲み屋は立地条件が非常に大切になる。なぜなら人が入っての回転率であるから、なるべく多くの人に入ってもらわなければならないからである。客というものは、店が空いていると往々にして長居しがちになるが、込んでくると早々に引き上げていくものである。ちょっと一杯と思い、軽い気持ちで入ってくる客が多い立ち飲み屋は、余計にそうした傾向が強い。それだけにそうした混みあった状態に持っていくには、やは...
立ち飲み屋の良さはなんと言っても回転率だ。狭い場所で収容数も少なく、それに飲物にしても料理にしても居酒屋などよりうんと単価が低く、せめて回転率でも良くなければたまったものではない。確かに立ち飲み屋は客の滞在時間が短く、その分回転率はいい。大雑把に見ても居酒屋の回転率の倍ぐらい良いのではないだろうか。ということは、客の滞在時間も居酒屋の半分ぐらいになるということなのであろうか。手元に立ち飲み屋の滞在...
立ち飲み屋は回転率が勝負の商売である。したがってなんと言っても客へのサービスが迅速でなければならない。サービスでとりわけ時間がかかるのは食べ物の調理である。だがこれに時間をとられていてはそれだけ客の滞在時間を増やしていき回転率が悪くなる。それを避けるためにはなんと言ってもメニューの工夫が必要になる。つまりいかに短い時間で出せる料理を多くするかである。とはいっても酒屋の立ち飲みのように袋に入った”乾...
女子会とか宴会女子とかと言う言葉もよく聞くように、一昔前までは酒場の客と言えば男子が主流であったのだが、最近ではそうも言えなくなっている。でもいかに女性が飲み屋に進出してきたとは言え、せいぜい居酒屋とか洋酒バーどまりで立ち飲み屋まではまだ進出してきてはいないのではないだろうか。というふうに思うのは大間違いで、最近では”立ち飲み女子”は決して珍しくないのである。立ち飲み屋の客というのは居酒屋の客など...
立ち飲み屋に一人でやってくる女性が増えていると言っても、どの立ち飲み屋にでもというわけではない。女性が入る立ち飲み屋には、設備なり雰囲気なりに一定の条件がある。まず設備であるが、条件としてはトイレを備えているところである。立ち飲み屋には狭いところが多く、そのためトイレを備えていないところが多い。まあ滞在時間が少ないこともあって客としても必ずしも必要としていないこともある。だが女性客となると少し事情...
2015年は、バルスタイルの居酒屋が人気でした。そしてその人気は、2016年も継続していると言えるでしょう。バルスタイルの居酒屋が人気の理由は、いくつか考えられます。まず軽く飲みたい、ちょっとだけ飲みたいという、ちょい飲みスタイルのニーズに合うスタイルだという事です。現代社会は、ますます忙しくなっています。そのため数時間もだらだらとお酒の飲むのは、時間が勿体ないと考える人が増えました。そして軽く飲...
ここ数年、クラフトビールの人気がじわりじわりと高まっています。2016年はクラフトビールはついに、居酒屋で自家製造するお店が出てきています。そもそもクラフトビールとは、小規模なビール製造所でビール職人が精魂込めて造る高品質なビールの事です。しかし、自家製造できるの?しかもそれを居酒屋で提供しても大丈夫?そんなふうに思う人もいるでしょう。確かにクラフトビールを居酒屋で提供するためには、クリアしなけれ...
仕事帰り、同窓会、合コン、デート、女子会など様々な場面で活躍する居酒屋ですが、皆さんは何を基準に選んでいますか?行きつけの居酒屋がある人もいるでしょう。しかしその日によって訪れるお店が違っていたり、特別行きつけの居酒屋があるわけでもない…という人も多いのではないでしょうか。出来れば1つに絞るのではなく、何件かお気に入りの居酒屋をチェックしておくと何かと便利です。何故、1つの居酒屋だけでは不十分なの...
2015年からお肉ブームが到来していますが、2016年はお肉ブームがさらに進化し「熟成肉」がブームになりそうです。熟成肉って何?と聞き慣れない言葉に戸惑う人もいるかもしれません。そもそもお肉は新鮮なうちに食べるのが、もっとも美味しい食べ方です。そのままの状態ではお肉は腐ってしまうため、乾燥させたり、燻製にしたり、冷凍・冷蔵したりと様々な工夫をし、保存しています。しかしどの保存方法でも、保存前と保存...