クラフトビールの自家製造

クラフトビールの自家製造

ここ数年、クラフトビールの人気がじわりじわりと高まっています。
2016年はクラフトビールはついに、
居酒屋で自家製造するお店が出てきています。

 

そもそもクラフトビールとは、
小規模なビール製造所でビール職人が精魂込めて造る高品質なビールの事です。
しかし、自家製造できるの?しかもそれを居酒屋で提供しても大丈夫?
そんなふうに思う人もいるでしょう。
確かにクラフトビールを居酒屋で提供するためには、
クリアしなければいけない問題は山積みです。
ビールを自家製造する設備を導入する必要がありますし、
また素人が簡単に美味しいクラフトビールを作れるわけではありません。
造り方を本格的に勉強するなど、試行錯誤の連続でしょう。
さらに造ったクラフトビールを品質を落とさずに、管理するのも一苦労です。

 

また自家製造したお酒を個人で飲むのではなく、
お店で提供する事になると酒造免許の取得も必要となってきます。
ここまで拘って自家製造をしたクラフトビールを、お店で提供したいと店主は考えているわけです。
当然料理にもお酒にも拘った、いい居酒屋である可能性が高いと言えるでしょう。

 

クラフト感に拘る事で、他店との差異化をはかる、
そんな居酒屋が今後は人気を集めていくのではないでしょうか?
最近は手作りビールセットなどが販売されていて、
自宅でも手作りビールを造る事は可能です。
ただし、数ヶ月の時間がかかり、手間もお金もかかってしまいます。
そこまでの情熱はないけれど、クラフトビールの手作り感を楽しみたい。
そんな人にも自家製造のクラフトビールを提供している居酒屋は、
支持されているのかもしれません。
ビール好きならちょっと気になる話題ですよね。

 

蒲田にある手軽に貸し切り可能なスポーツバーB/65536