2016年も引き続きバルスタイルが人気

2016年も引き続きバルスタイルが人気

2015年は、バルスタイルの居酒屋が人気でした。
そしてその人気は、2016年も継続していると言えるでしょう。

 

バルスタイルの居酒屋が人気の理由は、いくつか考えられます。
まず軽く飲みたい、ちょっとだけ飲みたいという、
ちょい飲みスタイルのニーズに合うスタイルだという事です。

 

現代社会は、ますます忙しくなっています。
そのため数時間もだらだらとお酒の飲むのは、時間が勿体ないと考える人が増えました。
そして軽く飲むだけなら、お酒を飲んでも飲み過ぎにならずに、翌日に影響しません。
メタボリックや健康を損なう事がないため、
健康志向な人にも受け入れられています。

 

また経済面でも、ちょっとだけ飲む場合は、
1回の飲み代が安く抑えられるのでコストパフォーマンスに優れています。
特にバルスタイルは、フィンガーフードと呼ばれて、
料理を注文してから出てくるまでが早いですし、
それにワンコインでメニューが豊富です。
店内で気軽に知り合える、みんなでワイワイお酒を楽しめる。
そんな出会いを求める人のニーズにも応えてくれるでしょう。
 

 

 

そして最近のバルの傾向は、バルの多様化です。
従来のバルは、スペインやイタリアで発祥したバルスタイルをマネたタイプのお店でした。
ですが、どんどん個性的なバルがオープンしています。

 

例えば日本人の好きな寿司バル、蕎麦バル、焼き肉バルなど料理に拘ったバルも人気です。
またビール、日本酒、ワイン、などお酒に拘ったバルも人気があります。
いろんなスタイルのバルが、出現してきた事で、
ますますバルの人気が2016年も高まりそうです。

2016年も引き続きバルスタイルが人気関連ページ

立ち飲み屋の立地条件
立ち飲み屋の立地条件
立ち飲み屋の滞在時間は短い
立ち飲み屋の滞在時間は短い
凝ったものはいらない立ち飲み屋の料理
凝ったものはいらない立ち飲み屋の料理
珍しくない立ち飲み屋の女性客
珍しくない立ち飲み屋の女性客
立ち飲み屋に女性客が来る条件
立ち飲み屋に女性客が来る条件
クラフトビールの自家製造
クラフトビールの自家製造
行きつけのお店は地域ごとに把握しよう
行きつけのお店は地域ごとに把握しよう
次のブームは「熟成肉」
次のブームは「熟成肉」